かの有名な

注文していたお菓子の型を取りに道具屋さんのあるレアールヘ。
買い物をしていると、お店にフランスで有名なサヴォア地方のレストランのシェフが入ってきた。
別にどうでもいいかと思いつつ、でもせっかくだから写真を撮らせてもらおうか、とか、
せめて握手だけでも、とかいろいろ考えひとりでドキドキ・・・。
まさかねー、3つ星のシェフに「私パリでお店やってます。よろしかったら是非一度。」
なーんて、そんな大胆なこと言えるわけないし。
「シェフのレストランに今度食べに行きますね。」なんてウソもつけないし。
「ここには何を買いにいらしたんですか?」そんなの余計なお世話だ。
こういう時、なんて話しかけるべきなんだろう・・・モジモジ。
そうこうしているうちに日本人の観光客の団体がどーっと入ってきて、ガイドさんが「みなさん、フランスで有名なシェフですよーっ。」と言った途端、店内で大撮影会が始まってしまいました。
そして私はそそくさと店を出て、歩きながら撮った写真がコレ。
有名な・・・パリの石畳。

 
b0126623_5251736.jpg

[PR]

by riquiqui | 2008-10-22 02:37

<< 夢見るシンデレラのハイヒール 看板 >>