減点ママン

b0126623_214150100.jpg昔々、NHKで「減点パパ」というテレビ番組があった。
毎週だれか芸能人の親子が出演し、最後の方に用意しておいたお父さんへの作文を朗読し、
「忙しくて一緒に遊んでもらえないけど、お父さんのこと大好き!」みたいなお決まりの内容で、それを聞いて芸能人のお父さん感極まってポロリというアレです。
(あ、コレかなーり古いです。ご存知の方、私と同世代かも!)
それを見ながら私の親もつられて涙ぐんだりして、当時小学生だった私は、そういう光景がなんだか不思議だった。
さて、フランスは今日が母の日。日本ではとっくに終わってしまいましたね。
娘が幼稚園のころは似顔絵やら粘土細工やら、心温まるものを持って帰ってきていたが、そんな彼女ももう小学一年生。
今年は手作りカードに長い詩が一語一語、それは丁寧に書かれていた。
クラスで先生の指示で皆が同じように作ったのだろうけど、こんな単純なこともやっぱり嬉しい。
それを照れながらも誇らしげに私の目の前で読み上げる娘。(フランス語なのですけどねー)
締めくくりは”世界で一番優しい私のママン、心から愛してる”
や・・やばいです。コレってまるで「減点パパ」だー!
30年以上前のあの番組を突然思い出しました。
子供だった私もいつの間にか母の立場になり、あんなに小さかった娘だって気が付くとずいぶん成長した。たくさんの月日が流れ、私も歳をとったものですねー。
日本に一人で暮らす母に明日こそは電話しなくちゃ。

[PR]

by riquiqui | 2008-05-25 03:35

<< ついに仮オープン。 いきなりテレビ! >>